【過酷】貧乏に苦しむアパレル店員の話(^ω^)アパレル店員時代に経験した貧乏生活!

スポンサーリンク

こんにちは!
20代前半はアパレルショップで副店長をしていたブロガーかえでです(^ω^)☆

アパレル店員は、本当に大変でした・・・
接客業というより営業職ですね!

しかも、5年くらい前は
お客様の様子を見ながら、というよりは

がんがん声かけに行け!

ってのが主流のやり方だったので
余計にやりずらかったのを覚えてます。

アパレルは、見た目はとっても華やかな世界ですが
実際は、服代にお金をとられ極貧だし
時給もそこまで良くないし
当時働いていたショッピングセンター内のテナントは、どこも体育会系でした。

一部のメンズブランドは、全国の店舗から店長が集まるときに
売上の悪い店長3人だけが最後に残り
「いらっしゃいませ」を声がかれるまでやらされるとかありました。

そんなわけで、アパレル店員は二度とやりたくない職業の1つです。
そんなアパレル店員時代のぼんびーな話を今回したいと思います☆



 

とにかく貧乏だったアパレル店員時代

アパレル店員時代は、本当に本当に貧乏でした。

その店の洋服を仕事中は着ないといけないので
洋服を買わないといけません。
しかも、接客するためには、売り場にない服は着れないので
着てる服が売れてしまったら、また新しく服を買わないとならないのです!

服が好きだったので乗り越えられましたが
一番痛い出費でした。

そして、服代のほかにも、ネイル代・靴代・髪の美容代・・・

当時は、お弁当と水筒をもっていき節約してました。
水筒の飲み物がなくなったら50円の飲料を買ってました。

服も洗濯すると毛玉がでてしまい見た目が悪くなるし
お客様が安心して購入できなくなってしまうので
ファブリーズでにおいを消して長持ちさせていました。

 

実家暮らしなのに毎月2万の貯金でいっぱいいっぱい

実家ぐらしだったのに給料14万のうち、貯金は毎月2万円で
いっぱいいっぱいでした。

14万・・・少ないですね。涙

なので、アパレル店員さんはみんな実家暮らしでした。

毎月貯金していた2万の使い道ですが
12ヶ月貯金して24万です。

これが車の車検代・車の保険代・タイヤ代なんかにだいたい消えていました。
車検がない年は、そのまま貯金するかHISの格安旅行でひとり旅なんかしてました。

ちなみに私は、一人暮らしがしたくて
実家から片道1時間30分もかかるところで働いてました。
職場の近くに住もうと思ってましたが
実際に働いてみたら、お金がまったく残らず実家から車通勤で
ガソリン代もかなりかかったのを覚えてます。

もちろん、交通費という形でガソリン代がでますが
少ないので全額ではないです。

 

アパレル店員同士で協力し合った節約

お互いの洋服を交換し合って
なんとかしのいでました。

靴もサイズが合う子とは、お互いに交換をしたり。

そして、どこのジェルネイルが安いなどの
情報交換もよくしていました。(^ω^)

本当にお金がなくて困ってる子は、夜の飲み屋さんと掛け持ちもしてました。

 

他のアパレル経験者にも貧乏だったか聞いてみました

当時働いていたショッピングセンター内のほかのアパレル店員さんにも
貧乏なのか聞いてみたところ
やはりどこも自社の服を買って着るので
やりくりが大変とのことでした。

洋服は、制服として30%オフで購入できるアパレルショップがだいたいですが
30%オフだとしても、5000円前後の服を何着も買うので
かなり痛いです・・・。

東京で出会った友達にも元アパレル店員が何人かいるので
聞いてみたところ同じで、お金のやりくりが大変だったとのことでした。
アパレル店員あるあるのようです。

 

ごく一部のアパレルでは服を買わなくてよいところも

ただ本当に本当にごく一部例外があり、1着3万もする洋服屋さんの店員さんは
その会社の製品でなくてもOKなとこもありました。
自社製品のスカーフなどを身につける程度でOKでした。
ただ、こういったとこは本当にまれです。

 

キラキラして憧れるアパレル店員の世界

たしかに見た目は華やかですが、そのためにほとんどのお金が消えます。
アパレル店員をする場合、本当に服が好きでないと続きません。

逆にいえば、お金のことさえ気にしなければ
服と人が好きな方には、本当にいい仕事だと思います!

好きな服がたくさん着れるし
いろんなコーディネートが身につきます!
本当に気の合うお客様に巡り合えたりもするので!

お金も、わたしは車通勤で車の維持費がかかりましたが
逆をいえば、電車通勤だったり徒歩圏内の方なら
必ず1年24万は貯められるということなので!

次回アパレルについての記事を書くときは、
アパレルでのメリットも書けたらと思ってます。

今回は、私のアパレル時代の貧乏生活についてでしたっ(^ω^)
以上ですっ☆∩(・ω・)∩



❤︎ ブロガーかえでをぜひ応援してください!


写真:yoshida

かえで@ブロガー 

プロブロガーになって、いつでも好きなときに世界中にいる友達に会いに行けるひとになるのが夢!

応援してくださる方はツイッターフォローしてください♡
そしてファンになってください♡



人気ブログランキング

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です