【慢性膵炎】辛かったこの半年間。20代でもストレスでなる病気。働けないほど具合が悪くて寝込むしかなかった。

慢性膵炎

スポンサーリンク

こんにちは!慢性膵炎ブロガーかえで(@marro_n0109)です♡(・ω・*)

かえで
実はこの半年間がすごい辛かったんです

この数年、20代後半はずっと具合が悪いことが多かったのですが、昨年は特にひどく今年になって爆発するような形で慢性膵炎にガクッと倒れました。

2018年3月に診断結果『慢性膵炎』がでてから、11月までの約半年間がほとんど寝たきりの生活になり辛かったです。

かえで
辛い中、無理して月2回働いたりしてたけど、それも良くなくて余計長引いたと思うから

これを読んで病気のひとは無理せず思いっきり休んだ方がいい!ってことが伝わったらいいな

そんなちょっとした闘病の話ですが慢性膵炎のひとも、そうでないひともぜひ読んでください。

慢性膵炎になって辛かった半年間の話

もこもこ

何が辛いってほとんど1日を部屋の中で、ベッドの上で過ごすことが辛かったです。起き上がっても具合が悪くて、内臓が重くてひどい猫背になってそのままダルくなって、すぐ倒れこむように寝てしまう状態でした。

慢性膵炎ってどこが病気なの?

慢性膵炎とは膵臓(すいぞう)の病気のことです。

慢性膵炎ってどんな症状なの?

一般的によく言われる症状
  • 背中の痛み
  • 吐き気または吐く
  • 腹痛
  • 胃のあたりが気持ち悪い
  • 下痢、脂肪便がでる
  • 痩せる

などです。背中の痛みがない場合があったり、寝違えたような、こっているような弱い痛みの場合もあります。
脂肪便というか、ひどいとゲルのような茶色いものが出てきたりもします。

慢性膵炎ガイドのホームページにさらに詳しく載っているので、よければ参考にどうぞ。

慢性膵炎は誤診されやすい

women

慢性膵炎の一般的な症状は、胃炎にもすごく似ているんです。というか症状が同じで、唯一の違いは「背中の痛み」があるか、ないかぐらいです。

この「背中の痛み」について、お医者さんによっては「背中にかすかな痛みや、こったような痛みなどないですか?」と聞いてくれる場合もありますが、普通に聞かれると

かえで
(背中がこったような感じはあるけど、痛みってほとじゃないかなあ??)

痛くないです

と答えてしまい、膵臓の病気に気づくのが遅くなります。私はこのパターンでした。

下痢の症状などもあったのですが、ストレスからころころした便もでていたためストレスでころころ便と下痢を交互にしていると誤診されていました。

もちろん、実際にストレスでどちらもあったこともあり、まったく関係ないわけではないのですが。

そして、実際に胃炎にもなっていたのです。膵臓にもストレスの魔の手が来ていたのに。
なので、余計に私は慢性膵炎の発見が遅れました。
症状がでてから2〜3年経って、かなりひどい状態になってから私の慢性膵炎は発見されました。

胃炎だけど、薬が効かないときもあって体がだるくて立つのがやっとのときも多くて体がとにかくおかしいと思い病院も4〜5件まわりました。

慢性膵炎の診断が出る前・出た後は症状がどんな感じだったのか?

診断が出る前と出た後では、症状は同じですが重さが違いました。それについて話していきたいと思います。

慢性膵炎の診断が出る前

診断が出る前の2〜3年前からあった症状はこんな感じです。

  • 背中の痛み(結構痛い時もあった)
  • 腹痛
  • 小麦粉類を食べたあと腹痛
  • 吐く
  • 下痢
  • 胃のあたりが気持ち悪い
  • よく胃炎になる
  • よく吐き気止め入りの点滴を打つ
  • 猫背がひどい

小麦粉類を食べたあとに腹痛が起きるのは、小麦粉が使われてるのがピザやパスタ、お好み焼きが多く油が含まれていたからなんですね。

膵臓が病気だと油がうまく消化できなくなり、腹痛や下痢の原因になります。

猫背になるのは、内臓の調子悪くてかばおうとするからというのと、猫背になったほうが楽になるからです。

慢性膵炎と診断される1年前からの症状

  • 腹痛
  • 小麦粉類を食べたあと腹痛
  • 吐く
  • 下痢
  • 胃のあたりが気持ち悪い
  • よく胃炎になる
  • よく吐き気止め入りの点滴を打つ
  • カフェインを飲むとすぐ胃痛がしたり吐く
  • ラーメンを食べると貧血のような症状がでて倒れそうになる
  • 体がとにかくおかしくて病院に行きまくる
  • 休日はだるくて寝るだけになる
  • 整体に行っても猫背が治らない

慢性膵炎と診断される1年前は、かなりひどかったです。私は趣味がアウトドアで旅行やおでかけが大好きで休みの日は必ず出かけていました。それが具合が悪すぎて出来なくなりました。

平日の仕事中も吐くときがあり、早退や遅刻、欠勤もよくしていました。土日はとにかく体が重くてだるくて寝ていることが多くなりました。

仕事に支障がでるのが困るので、4〜5件は病院をまわりました。けれど全て胃炎の誤診が出たのです。ただ、確かに胃炎も起こしていたので薬が効く時と効かない時があったのです。

慢性膵炎と診断されてから

素材

慢性膵炎と診断された日のことは忘れません。

前日にラーメンを食べたら貧血で倒れそうになり、その2〜3時間後から下痢というか茶色のゲルが3時間置きくらい朝まで出続けました。

膵臓が悪くなると、胃と腸に関係してくるのです。なので、膵臓が原因で急性腸炎を起こしていました。
急性腸炎を起こして、その原因を調べたところ「慢性膵炎」とようやく診断がおりました。

この2〜3年ずっと原因不明のだるさに襲われていたので、原因がわかったときは「解放された」気分でした。ようやく原因がわかったことがとても嬉しかったです。

原因がわかる前は「自分はダメ人間なんじゃないか、けど、体が本当におかしい」とすごく悩んでいました。病院を4〜5件まわっても発見されず原因不明で泣いていました。

原因がわかってからが本当の戦いだった

素材

原因がわかってからが本当の戦いでした。
膵臓の炎症が続いてまったく働けなくなってしまったのです。

貯金も医療費にどんどん使っていくので生活が困窮して、生活保護まで検討することになりました。実際に役所に行ったところ生活保護の対象になるとも言われました。ギリギリのところで両親から医療費と薬代を3・4ヶ月分だけ援助してもらえることになり生活保護は使わずに済みました。

本当の戦いって何が?と思うと思うのですが「自分のこころ」との戦いでした。

最初はすぐよくなるものだと思っていました。2ヶ月、3ヶ月してもいっこうに具合はよくなりません。
半年経っても。

そうすると、次はどんどん心が病んできます。自分がダメな人間って認めるようで嫌で無理して月に2回働きました。2回は少なすぎますが、当時の私にとってはかなり無理をしていたことだったのです。

毎日「働きたい」ってことばかり考えていました。せめて勉強がしたいとも思いましたが具合が悪く集中できず座っているのも辛くて寝ていることが多くなりました。
もともとストレスが原因でなった慢性膵炎だったので、自律神経が乱れていたので乱れを治すためにも睡眠をとることは良いことだったのです。

お医者さん
仮眠は乱れた自律神経を治そうとして起こっていることなので、とてもいいことなんですよ

とお医者さんから言われていました。けれど、ずっと寝てばかりいる自分を受け入れることができませんでした。

診断から8ヶ月経った2018年11年の自分が、診断を受けた日から半年目までの自分に言いたいことは

「無理して働かなくていいんだよ。ずっと休んでていいんだよ。焦らないで大丈夫だよ。」

と伝えたいです。「ゆっくり、ゆっくりでいいんだよ」って伝えたいです。

 

とはいえ、診断を受けてから半年までのあいだに大腸検査をしたり、生理が止まったり、肝臓の検査をしたりと色々あって人生の無駄遣いをしているように感じていました。

慢性膵炎の診断から8ヶ月たった今の自分の様子

素材

8ヶ月経ってようやく少し働けるようになりました。週3回6時間程度ですが、とても嬉しいです。

早く週5日8時間働けるようになったら嬉しいですが、半年間のあせって無理をしてしまった時期を思い出して、今はあまり無理はせずに着実に進んでいこうと思います。

かえで
慢性膵炎は50〜60代のおじさんばかりがなるマイナーな病気だけど、ストレスが原因で20代でなる人もいます。

基本的に完治はしない病気ですが、私と同じように頑張っているひとがこれを読んで励まされたなら嬉しいです。
そして慢性膵炎を知らない人もこの記事をキッカケに知ってもらえたなら嬉しいです。

以上、慢性膵炎と戦うブロガーかえで(@marro_n0109)でした♡(*・ω・*)

お嬢様酵素Jewel

❤︎ ブロガーかえでをぜひ応援してください!


写真:yoshida

かえで@ブロガー 

プロブロガーになって、いつでも好きなときに世界中にいる友達に会いに行けるひとになるのが夢!

応援してくださる方はツイッターフォローしてください♡
そしてファンになってください♡



人気ブログランキング

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です