仕事で休憩時間が5分しかない!なのに1時間30分休憩したことにされ、給料から引かれる辛さを20代で味わった話

Busy

スポンサーリンク

こんにちは!ブロガーかえで(@marro_n0109です(^ω^)
20代のとてもいい時期をブラック企業とともに過ごした私です・・・。

今回は正社員をしていたとき、給料から1時間30分の休憩が引かれた状態で支払われるのに、実際は1日『5分』しか休憩が取れなかった時の話です。

そんなブラック企業で消耗しても本当に意味がないので、今の10・20代に時間は有限で貴重ということを伝えたい。そして、私のように苦しんでる全ての世代の方に伝えたい。

ブラック企業からは『逃げるが勝ち』ということを。

 

とてつもなく忙しい仕事

busy
  • 誰かひとりでも欠けられない
  • 仕事ができないやつでもいい
  • どんなやつでもいい
  • だれでもいいから人がほしい

 

そのくらい忙しかった仕事でした。業種は飲食の接客業で、そのときは団体のお客様を相手にしていて、H●S・は●バスなど有名なところも利用しているような場所でした。

そして、なぜ仕事ができないやつでもいいから人員が欲しいか?というと、ただの皿の持ち運びの仕事や、箸と紙ナプキンの補充、テーブルをふくだけの仕事もあったからです。ただの皿の持ち運びといっても、団体のお客様相手なので量が本当に半端なかったのです。テーブルを拭くのも規模がかなりありました。そんな仕事がとぎれることなく、ずっとあるのです。

 

実労働時間14時間のなか立ちっぱなしの休憩5分

Busy

とても忙しい仕事の内容はこんな感じでした。

  • ミーティング
  • 接客、案内
  • 片付け
  • 次のお客様のためのセッティング
  • 皿の持ち運び
  • 皿洗い
  • 明日の膨大な準備

ミーティングは絶対で、朝のこのミーティング時間を逃すとみんなに一気に注意事項などを伝えることができません。それぐらい規模も大きく、人員もたくさんいました。

人員はたくさんいても、仕事量が多すぎてそれでもまだ足りません。というのも、他の部署から仕事を押し付けられていたのもあります。けれど、その仕事をしないとまわらないので仕方なくこちらの部署でやっていました。
それは『皿洗い』です。
お皿を洗わないと、次の日に使うこともあり準備に間に合いません。皿洗いは、キッチンでの仕事でしたが何故かこちらの部署でやり、キッチンのひとは1時間以上休憩をとっている状態でした。
とはいえ、最初は困ったときはお互い様だから助け合う意味合いでやっていたのにキッチンが立場が上という構図になっていきました。

なので、休憩はまともに取れませんでした。基本的には、5分休憩なうえ立ったままでごはんを食べている状態でした。すぐ動けるように座る時間すら惜しかったのです。

このときの私の立場は副責任者でした。「私が頑張れば、他のみんなの休憩をきちんと取らせてあげれる・・・なるべく多く取らせてあげられる・・・」と思っていました。
ブラック企業を辞めた今、ブログを書きながら思うことは、あのときは『異常』だったということです。

 

休憩が5分なのに、休憩1時間30分とっていることにされ損している給料

Salary

給料日がくるたびに「私1時間30分休憩とってないのに・・・5分なのに」って思ってました。1時間1000円として22日出勤で考えたら、2万2000円損してる計算になりますね。。27日出勤して14時間毎日働いて給料23万とかで、「残業代から税金取るな!」と国をうらんだこともありました・・・。

恨むべきは国ではなくブラック企業ですよね。もともとの給料が低すぎるんですから。

さぼってる!とみんなの前で怒られた

Busy

その日は忙しく私は休憩を取ることができませんでした。なので、夜の接客が落ち着いた頃にササッと裏でごはんを食べることにしました。ちょうど、それをキッチンのひとに見られました。
私にとっては立ちながら物を食べたり、5分だけの休憩が当たり前だったので何とも思わなかったのですが次の日・・・。

すべての部署の全員が集まる中で私のことを
「サボって飯を食ってた!!!!」
と言われたのです。

昨日の私が食べているところを見たキッチンのひとが、上のひとに言って私の行動が問題になっていました。その場では我慢したものの、すぐ裏に行き泣きました。

「5分しか休憩なかったのに?」

「あんたらキッチンのやつらなんか、1時間も休憩とってんのに?」

「さぼってなんかない!」

「仕事しすぎて休憩ないのに!」

とにかく、わーーーっ!と気持ちがあふれて、あふれすぎて上司を困らせてしまうくらい泣いてしまいました。そして、そのあと私はキッチンのうえのひとにキレてしまいます。

「わたしに辞めろってことなんですか!?」
「どーゆーつもりで言ったんだよ!!!」

言いたいことはたくさんでてきたものの、途中で別の部署のうえの人に止められ別の部屋に案内され落ち着くように言われます。そこでも、わーー!と気持ちがあふれたまま泣きまくりました。

落ち着いてから仕事に戻ると、上司から「その顔で表にでるのは嫌でしょ?今日は接客以外の仕事を中心でいいよ」と気遣ってくれ、他の部署のひとたちもこっそり来てくれて「忙しさ、わかりますよ。だから、今日言われたことは気にしない方がいいですよ」と何人か声をかけてくれました。本当に気持ちが救われました。

忙しい部署は、かぎられていた

Busy

忙しすぎて気づかなかったのですが、忙しい部署は私がいたところとスケジュール調整する部署の2つの部署だけが忙しかったのです。なので、私が立ったままごはんを食べサボっていると怒られたときも、かばってくれたのはそのもう1つの部署のひとだけでした。
それ以外の部署からは、「え、今日も休憩とれなかったんですか・・・?なんで・・・?」と、あからさまに引かれていました。それくらい同じ仕事場でも部署が違うだけで仕事量が全然ちがっていました。

そこで私は人生を消耗した

busy

そんな職場に4年はいました。20代のほとんどです。
昔のひとって企業に40年とか勤めてるわけじゃないですか。お父さんだって30年とか同じとこ勤めてて、大学卒業した友達だって正社員の仕事はずっと同じところだったりして。転職してるのは少数派だし、転職していても回数が少なかったりして。
だから、「なんで自分は転職回数多いんだろ?」と自分を責めてしまったんです、私。

 ちゃんと働き続けることが立派な大人になるってことだ。

と勝手に思い込んでいたんです。

ストレスがかなりあって、かなりの多忙で睡眠時間にも影響があって休日出勤もあって。そんな職場で働き続けたら、どうなると思いますか?

 病気になります。

ただ、それだけです。

ストレスが多いところでも頑張って仕事をしても立派な大人になるどころか、本当に病気になるだけです。病気になるとどうなると思いますか?もちろん、働けなくなります。働けなくなるということは、医療費も今までの貯金を崩していくことになります。いつから復帰できるかも、わかりません。

「こんな人生になるはずじゃなかった」ってなります。

それがいまの私です。

本当は、わたしはただ運悪く続けてブラック企業といわれるところに就職してしまっただけで転職の回数なんて、何回あっても大丈夫なんです。当時の自分は焦るだけで、それが見えてませんでした。

もしこれを読んでいるひとで今ブラック企業といわれるところで働いてるひとがいたら、これをきっかけにぜひ一度人生や仕事について考え直してみてください。
そして、一歩踏み出したいけど自分に転職ができるのか不安・・・という方がいたら、転職回数が多い私が面接対策など色々相談に乗れるので、ぜひお問い合わせからでもツイッターのDMでもいいのでメッセージをください。

以上です。読んでいただき、ありがとうございました。





❤︎ ブロガーかえでをぜひ応援してください!


写真:yoshida

かえで@ブロガー 

プロブロガーになって、いつでも好きなときに世界中にいる友達に会いに行けるひとになるのが夢!

応援してくださる方はツイッターフォローしてください♡
そしてファンになってください♡



人気ブログランキング

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です