農作業をして、ぶどうが高いわけがわかる。

ぶどう畑

スポンサーリンク



こんにちは!病弱だけど世界を飛び回るトラベルブロガーを目指す、かえでです(^ω^)

先日、実家でぶどう畑の農作業をしてきました。

ぶどう畑 農作業

農作業中に ふと ぶどうの値段について考えてみました。

1つ 1000円のぶどうだったり、5000円近くするぶどうもあったりするんですけど

実際に農作業したり、仕組みがわかると

1つ1000円でも安いよなって。

理由は2つあります。

 


理由1:労働内容・消毒費用・傘代・ワイヤー代など

 

こまかい費用をいうと他にも
蚊取り線香・はさみ・ハケ・ジベ費用(種なしぶどうにする処理)など、

SS(エスエス)と言われる消毒をまくための車は200万以上かかります。

そして、一番はやはり労働内容。

ぶどうがお店に並ぶ前の数ヶ月前から畑に毎日いくし

上をみるので肩は凝るし、首も痛いし、畑も広いし、虫もでるし。

もし、おやてっとさん(と言われる、お手伝いさん)を頼むと1日5000円はかかるし
頼んでいたら、やっていけません。

それから、ぶどうも1つの枝に1つのぶどうしか残せないので、1つのえだにいくつもあると切ります。

ぶどう畑

こういったものなど
ぶどう畑 農作業

甘いぶどうを作るためとはいえ、もったいないですね。

 

理由2:農協から買い取られ・運送費・店舗での販売

 

ぶどうはお店に並ぶ前に農協に買い取られます。
なので、店頭で販売されている1000円がまるまる入るわけではないです。

農協での買取・人件費、運送費、店舗での人件費など全てが入っての1つ1000円だと思うと

農家のひとは、本当にもうかってるのか?と疑問になりますね。

 

ぜひちゃんとした金額で買ってほしい

 

高いのは、手間暇かかってるのが少し伝わったでしょうか?

ぜひ安売しているところよりも、正規の値段で販売しているところで購入してほしいです。

農家さんが直接販売しているなら、農家さんに直接お金が入るということなので
どんどん買ってあげてほしいです(^ω^)

以上、ぶどうが高いわけでした(^ω^)



❤︎ ブロガーかえでをぜひ応援してください!


写真:yoshida

かえで@ブロガー 

プロブロガーになって、いつでも好きなときに世界中にいる友達に会いに行けるひとになるのが夢!

応援してくださる方はツイッターフォローしてください♡
そしてファンになってください♡



人気ブログランキング

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です